仰天人間バトシーラーのキャプテンファッツの声優

仰天人間バトシーラーのキャプテンファッツの声優は伊藤健太郎です。

  • ※ この声優情報は当サイトの開発中のアニメ情報収集ボット(beta)によって自動的に取得された情報であり、必ずしも正しい声優情報とは限りません。より正確な情報は公式サイト等を確認してください。
  • ※ この情報が誤りである場合は管理者までご連絡ください。

キャプテンファッツについて

出典: フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」 (2012/11/19 16:44:24)
声 - 伊藤健太郎

バトシーラーの主人公。普段は大食いで怠け者なふとっちょ船長「キャプテンファッツ」だが、走ったり、汗をかいたり、酷いときには火にあぶられたりやせる行為を行うと、一転して頼れる美形ヒーロー「キャプテンガッツ」に転身する。キャプテンガッツの時はその容姿と武勇に惹かれる女性も多い。元々はガッツの姿だったが、鬼影に敗れた際に妹が行方不明になり、その悲しみからやけ食いしてファッツになった。妹とは後に再会を果たしたが、当初は妹が記憶喪失になっていたこともあり、お互いを認識出来なかった。本編で言及されたことは無いがスタッフによると年齢は20代らしい。スーパーフェニックスという鳥を連れているが、普段は太った鳥の着ぐるみを着て「キブトリ」と称している。全ての戦いが終わった後、シーホース号にはそれまでの倍以上に太って食事を楽しむファッツの姿があった。身長はファッツ時が182cm、ガッツ時が195cm。体重はファッツ時が200kg、ガッツ時が98kg。

ちなみに『大航海』では、金の国での事件がきっかけとなって序盤の頃から積極的にダイエットし、ガッツの姿でいることの方が多かった(服装などはファッツのまま)。逆に漫画『ガッツとオルカの冒険伝説』では、ファッツの姿が本来の姿でキャプテンガッツの姿はピースストーンの力によるものという設定である。

また全キャラ中唯一、自分の属性(水)以外のピースストーンでのスーパー転身が可能であり、本編で見せた転身パターンは、以下の通り。

スーパーガッツアクア(水のピースストーン)

スーパーガッツメタル(金のピースストーン)

スーパーガッツオーク(木のピースストーン)

スーパーガッツエアロ(風のピースストーン)

スーパーガッツフレイム(火のピースストーン)

スーパーガッツアース(土のピースストーン)

スーパーガッツシャドウ(闇のピースストーン)

スーパーガッツセイント(光のピースストーン)

これらスーパー転身中に食べ物の事を考えると、転身に失敗して「スーパーファッツ」となってしまう。

シールでは第一弾から登場、ピースストーンゲットシール(水)のキャラクターでもあった。当時の設定では、「レディメイドが持つダイエット剤を注射される事で三分間だけガッツに転身する」となっていたが、マンガ二作とアニメの全てを見てもその設定通りに転身したのは『大航海』のみ(二回)である。必殺技は「ガッツ・トルネード」「ウェーブトリニティ」「ホエールスプラッシュ」などで、スーパー転身後は各属性毎に異なる「○○ストーム・スーパー」や、スーパーガッツアクア時の「タイダル・ハープーン」などがある。

第二弾ではスーパーガッツアクア、アース、スーパーファッツがラインナップ。三弾ではエアロとメタルがラインナップされ、ゲーム特典として世に出ている。