カードキャプターさくらのケルベロスの声優

カードキャプターさくらのケルベロスの声優は小野坂昌也久川綾です。

ゲーム版とアニメ版の声優が違う場合や、幼少期を別声優が演じている場合、キャラクターが個別の人物ではなく集団を指している場合、キャラクターの概要内にのみ登場するキャラクターが存在する場合は声優名が複数となっています。

  • ※ この声優情報は当サイトの開発中のアニメ情報収集ボット(beta)によって自動的に取得された情報であり、必ずしも正しい声優情報とは限りません。より正確な情報は公式サイト等を確認してください。
  • ※ この情報が誤りである場合は管理者までご連絡ください。

ケルベロスについて

出典: フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」 (2012/11/19 16:57:59)

声 - 久川綾(仮の姿) / 小野坂昌也(真の姿)

クロウによって作られた、クロウカードの2人の守護者の1人で「封印の獣」であり「選定者」。通称・ケロちゃん。好きな花は向日葵。好きな色は赤とオレンジ。さくらの魔力を認めてカードキャプターに選んだ。普段はぬいぐるみのような小さい姿。真の姿は翼の生えたライオンを思わせる獣。本の表紙には真の姿で描かれている。クロウカードの入っていた本が長い間大阪にあった影響で、大阪弁で喋る[5]。性格は非常に陽気でナルシスト。シンボルが太陽であるため、食事を摂ることで魔力を補給することが出来る。お菓子とたこ焼きとモダン焼きが大好物で、食いしん坊。「人生楽しまんとな」が信条。クロウカードに絡む事件がない時は、さくらの部屋でよくテレビゲームに没頭している。就寝時はさくらのベッドで寝ている(アニメ版では、さくらの勉強机の一番下にある大きな引き出しの中)。

ギリシア神話のCerberusとは、甘い物の好きな番犬という性質以外は共通点がほとんどない。番犬でありながら、クロウカードの封印が解かれるまでおよそ30年間居眠りをしていた。同じくクロウの作りだしたモコナ=モドキたちと面識がある[6]。

担当声優2人は共に関西出身。インパクトのあるキャラクターであり、『アベノ橋☆魔法商店街』には「同じマッドハウスつながりということで[7]」パロディキャラであるヘニャ助が登場している。

アニメ『ツバサ・クロニクル』では一国の守り神として登場し、小さくなってしまったサクラ達を守った。本作のケルベロスとは異世界の同一人物でありながら、声優は本作の仮の姿と同じである。