機動警察パトレイバーの荒川 茂樹の声優

機動警察パトレイバーの荒川 茂樹の声優は竹中直人です。

  • ※ この声優情報は当サイトの開発中のアニメ情報収集ボット(beta)によって自動的に取得された情報であり、必ずしも正しい声優情報とは限りません。より正確な情報は公式サイト等を確認してください。
  • ※ この情報が誤りである場合は管理者までご連絡ください。

荒川 茂樹について

出典: フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」 (2012/11/19 16:47:53)
声 - 竹中直人

劇場版2および小説版『TOKYO WAR』、そして『ミニパト』に登場。横浜ベイブリッジ爆撃事件に関する捜査の協力を後藤に依頼してきた陸上自衛隊幕僚調査部第二課別室の者と名乗る男。モデルは大学時代に押井守が主宰した「映像芸術研究会」に所属していた一橋大学の学生。「一度会ったら忘れられない顔」を持ち、公務員としても聊か常軌を逸した人物であるが、本人にはその自覚がないらしい。

小説版では自らコーヒー党だと語るが、その味覚は後藤に言わせれば始めから存在しないのではないかと言わしめるほどの味音痴であり、後藤の飲みかけのコーヒーも遠慮なく自分のカップに注ぐといった厚顔無恥さものぞかせる。歯に衣着せぬ言動には含蓄がある反面、とにかく他人の感情を斟酌しないことが災いし、相手の気分を害してしまうといった場面も多い。部下の面倒見は意外と良いらしく、自腹を切って昼食を奢っていた[23]。

実は横浜ベイブリッジ爆撃事件とその後の「戦争」状態を演出した柘植行人の同志。柘植の思想そのものには賛同するも、柘植が本気で「戦争」を起こそうとしていることに驚愕し、さらに自身の本性が自衛隊内部に露見することを恐れて後藤に捜査協力を依頼してきた。しかし、後藤に依頼したのが災いして本性を全て暴かれ、最後は松井によって破壊活動防止法違反の容疑で逮捕された。