少女革命ウテナの薫梢の声優

少女革命ウテナの薫梢の声優は本多知恵子です。

  • ※ この声優情報は当サイトの開発中のアニメ情報収集ボット(beta)によって自動的に取得された情報であり、必ずしも正しい声優情報とは限りません。より正確な情報は公式サイト等を確認してください。
  • ※ この情報が誤りである場合は管理者までご連絡ください。

薫梢について

出典: フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」 (2012/11/19 16:58:38)
声:本多知恵子

薫幹の双子の妹。13歳。中等部一年。幼い頃に幹と並んで弾いていたピアノの音色が周囲から絶賛され、幹もその思い出をとても大切にしているが、現在の仲はよくない。黒薔薇会編での決闘の際の武器は幹の体から取り出した黒い剣。決闘の際机の上に置かれていた物はミルクセーキだったが、決闘の途中にアンシーが幾つか飲んでしまった。毛先が外にはねた青い髪に青い瞳。鳳暁生編における「花嫁」の時のドレスの色は青。

実際は彼女自身にはピアノの才能は無かった(梢曰く、自分が適当に弾いていても幹が勝手にフォローしてくれていたとのこと)。幹に対し非常に屈折した愛情を抱いており、幹の心が常に自分の事で傷ついているように、自分自身を傷つけて(具体的には幹の嫌がるような相手を彼氏にするなど)幹に見せつける毎日を送っていた(今で言う、ヤンデレ)。また、幹になれなれしく接していた幹のピアノの先生を階段から突き落とすなどということもやっている(梢いわく「幹を汚すやつは絶対に許さない」)。

親と不仲らしく、手紙が来ても(全寮制なので別居している)、見ずに捨ててしまう程(曰く「親なんていらない」)。足を怪我したときも「野生動物は治りが早い」と言っている。鳳暁生編で、世界の果てからの手紙や親の再婚など、大人の都合に振り回された幹に「周りが汚れていたら、自分も汚れてほしいものを手に入れるしかない」と、アンシーを手に入れるために2回目の決闘をするよう奮い立たせ、成功。この決闘では梢も立ち会った。

男性から人気があるらしく、友人からまた彼氏を変えたのか、と問われると「変えてないよ、増やしただけ」と返した。

彼女の決闘に当てられた名前は「執着(attache)」。

漫画版では七美の役割を兼任、幹への執着心をTV版よりストレートに描写されている。

劇場版では、自分と離れようとする幹を刃物を持ち出してまで引き止めようとする。その後、大量の黒い車がウテナとアンシーを追い始める場面で梢の名前がナンバープレートに書かれた車が車庫の中にあるが、これが梢が車に変身した姿かどうかは不明である。

プロフィール年齡:13歳誕生日:5月28日星座:双子座血液型:O型