こどものじかんの宇佐 美々の声優

こどものじかんの宇佐 美々の声優は門脇舞門脇舞以です。

ゲーム版とアニメ版の声優が違う場合や、幼少期を別声優が演じている場合、キャラクターが個別の人物ではなく集団を指している場合、キャラクターの概要内にのみ登場するキャラクターが存在する場合は声優名が複数となっています。

  • ※ この声優情報は当サイトの開発中のアニメ情報収集ボット(beta)によって自動的に取得された情報であり、必ずしも正しい声優情報とは限りません。より正確な情報は公式サイト等を確認してください。
  • ※ この情報が誤りである場合は管理者までご連絡ください。

宇佐 美々について

出典: フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」 (2012/11/19 16:53:23)
声 - 門脇舞以

りんと黒のクラスメイトで親友。初登場は小学3年生。非常に内気な少女で、親友2人とクラス担任の青木以外とはほとんど話さない。

前クラス担任の教師・中村から事あるごとに自分の欠点を中傷されたことが元で、長らく登校拒否をしていたが、家まで訪れて熱心に呼び掛けた青木のことを信頼出来る教師として認め、彼に対し心を開くようになった。その翌日からは学校にも来るようになり、りん達を安心させた。登校拒否期間中もりん達が携帯電話のメールを通じて学校の様子を知らせていたため、その間学校で何があったのかはある程度把握していた。

眼鏡を掛けている。基本はカーキ色の長髪を2本の大きな三つ編みにしているが、高学年になってからは三つ編み以外の髪型も多々披露する。学業の成績は極めて優秀で、登校拒否になる前はオール5を取っていた。本を読むのが好きな文学少女でもある。身体面の発育は極めて早熟で、小学3年生にして既に第二次性徴期を迎えている。特に胸に関してはクラスで唯一ブラジャーを必要としているほどで、これが本人の大きな悩みになっている。そのため、自分同様に大きな胸を持つ大人の女性・京子に対し、悲観的な意味でシンパシーを感じている。また、りんの保護者で出会う機会が多く、自分の心の内を読み取ってくれるレイジに対してはほのかな恋愛感情を抱いている。

異常にませている親友2人とは対照的に性に関する知識は殆どなく、同時にやや天然ボケ気味。それ故に授業中に突然青木に「何でおちんちんが大きくなるんですか?」などと質問したことがある。しかし、5年で保健体育の授業が始まり彼女に性知識がつくと、知識を駆使したからかいを青木にしたことがある。

かつては青木とレイジのBL妄想をしたり、マンガ喫茶で堂々とBL漫画を読み、エロシーンだけ見られないように糊付けされている事に怒ったりするなど、腐女子の傾向が多々見られたが、後にレイジと自分のラブラブ妄想を専らするようになった。

父・母・兄の4人家族で、父親は単身赴任しているが、美々が小学5年生のころのクリスマスには家族の元へ姿を表している(ただし、この帰郷が本格的か一時的かは不明)。所持する携帯電話には、2ちゃんねるで使われるアスキーアートキャラクターらしきマスコット付きのストラップを付けている。

熱で幼児退行したりんにねだられて授乳を行ったことがあり[2]、そのときにりんの弱い面を知ったことから、「また、吸われてもいい」と思うようになり、以前よりは自分の大きな胸へのコンプレックスが少なくなったばかりか、「男子はおっぱいが大きい方がいい」のりんの言葉によりレイジに対する思いも相まって、より胸を大きくすることを決意。以後は牛乳を飲み、バストアップ体操も行うようになった。