こどものじかんの九重 レイジの声優

こどものじかんの九重 レイジの声優は杉田智和森夏姫です。

ゲーム版とアニメ版の声優が違う場合や、幼少期を別声優が演じている場合、キャラクターが個別の人物ではなく集団を指している場合、キャラクターの概要内にのみ登場するキャラクターが存在する場合は声優名が複数となっています。

  • ※ この声優情報は当サイトの開発中のアニメ情報収集ボット(beta)によって自動的に取得された情報であり、必ずしも正しい声優情報とは限りません。より正確な情報は公式サイト等を確認してください。
  • ※ この情報が誤りである場合は管理者までご連絡ください。

九重 レイジについて

出典: フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」 (2012/11/19 16:59:39)
声優: )声 - 杉田智和、森夏姫(幼少時代)

りんと同居している青年。会計士事務所で働いている。落ち着いた風貌だが、ツリ目で、やや謎めいた雰囲気がある。りんとは仲良く暮らしている。

りんの母親・秋の従弟。本編開始時の4年前に事故で両親を失い、親戚からも厄介者扱いされ、当時まだ存命だった秋に引き取られ、後に恋人となる。その時、すでにりんの父親は別居しており、後に秋が死亡した為、現在はりんと2人で暮らしている。秋に引き取られた当初は秋とりんにもなかなか心を開かず、引きこもり生活を続けていたが、ある日、秋に対して失礼なことを言ってしまい、落ち込んでいたところを幼かったりんに慰められ、このことをきっかけに二人に対して心を開くようになった。秋に恋心を抱いたのは、幼少期に横暴な父親と自分を庇うことの出来ない母親との間で生まれ、家族愛に恵まれない日々を過ごしたことにより、子供に尽くす秋にかつての理想の母親像を見い出した為である。

今でも秋を愛していて、その忘れ形見であるりんを溺愛しているが、自らの悪夢を振り払うために大人になったりんを抱こうと考えており、変態(光源氏計画)疑惑がある(りんが秋に似てきていること、身体が大人びてきたなどを密かに喜ぶ描写があり、後に結婚まで計画している事を青木に宣言した)。後にりんの実父である神原緑が訪問した際、暴走してりんを傷つけようとした事もある。

青木に対しロリコンではないかと疑惑を抱いているが、青木の方からもりんに対する態度等からレイジはロリコンだと疑っており、2人の間には密かな敵対心が芽生えている(後に大介がレイジに抱く疑念は完全に確信となり、りんを守る為に介入するようになる)。りんに対し愛していた「秋」の代わりを求めていた事等を大介に指摘され、レイジに好意を寄せる宇佐と関わるうちに、自らの過ちや問題点に少しずつ気付くようになる。

アニメ版では幼少時の虐待によるトラウマが強調され、生前の秋の『りんを守ってあげて』という言葉が強く心に突き刺さっており彼女への責任感がサイコなものとなっている。青木に対しても原作以上にキツイ態度を取っており青木とりんが体育倉庫に長時間閉じ込められて二人っきりだったことを知った際は彼を殴るなど嫉妬にも似た激しい怒りを露にしている。この一件の後、りんを転校させようとまで考えたがりんが自分にハサミを向ける姿を見てかつてのトラウマがよみがえり気を失ってしまう。同時にいつのまにか自分が絶対に許せない人間と同じことをしていたと心の底で自らの間違いに気づき、その後は精神的にも落ち着いたようで転校の話は取り消した。

青木に「内面的には小学生男子と同レベル」と指摘されて以来、「大人になる事」にこだわりはじめ、酒も飲めないのに先輩に誘われて「おっぱいパブ」に行ったり無茶な真似をして凹む事多し。