トリニティ・ブラッドのウィリアム・ウォルター・ワーズワースの声優

トリニティ・ブラッドのウィリアム・ウォルター・ワーズワースの声優は石井康嗣大川透です。

ゲーム版とアニメ版の声優が違う場合や、幼少期を別声優が演じている場合、キャラクターが個別の人物ではなく集団を指している場合、キャラクターの概要内にのみ登場するキャラクターが存在する場合は声優名が複数となっています。

  • ※ この声優情報は当サイトの開発中のアニメ情報収集ボット(beta)によって自動的に取得された情報であり、必ずしも正しい声優情報とは限りません。より正確な情報は公式サイト等を確認してください。
  • ※ この情報が誤りである場合は管理者までご連絡ください。

ウィリアム・ウォルター・ワーズワースについて

出典: フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」 (2012/11/19 16:44:50)

声 - 大川透 / ドラマCD - 石井康嗣

Axの派遣執行官。コードネームは「プロフェッサー」。

黒褐色の髪、碧眼、やや面長の顔が特徴。アルビオン出身の貴族。

現職のローマ大学教授でもあり(そのためアベルやケイトからは教授と呼ばれている)、他のメンバーのような特殊能力はないが技術者や参謀としての役割を果たす。

派遣執行官のコードネームは彼が考えている。

一見、頭脳派のようだがユーグの師だけあって剣の実力も高い。風変わりな発明家でもある。いつも作っているものはアベル曰く「わけわかんないガラクタ」らしい。常時携帯している自身の発明品のステッキには火炎放射器が仕込まれている。

いつもパイプをくわえているが、使い出したのはAxに入ってからである。

名前はウィリアム・ワーズワースに由来している。

漫画版での特徴

原作『R.O.M』には「薔薇の玉座」編で初登場だが、オリジナルエピソードで登場。

巻末の四コマ漫画では、九条の父親の代理として登場。