トリニティ・ブラッドのアスタローシェ・アスランの声優

トリニティ・ブラッドのアスタローシェ・アスランの声優は浅川悠根谷美智子です。

ゲーム版とアニメ版の声優が違う場合や、幼少期を別声優が演じている場合、キャラクターが個別の人物ではなく集団を指している場合、キャラクターの概要内にのみ登場するキャラクターが存在する場合は声優名が複数となっています。

  • ※ この声優情報は当サイトの開発中のアニメ情報収集ボット(beta)によって自動的に取得された情報であり、必ずしも正しい声優情報とは限りません。より正確な情報は公式サイト等を確認してください。
  • ※ この情報が誤りである場合は管理者までご連絡ください。

アスタローシェ・アスランについて

出典: フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」 (2012/11/19 16:57:28)

声 - 根谷美智子 / ドラマCD - 浅川悠

真人類帝国直轄監察官、オデッサ子爵→キエフ侯爵。象牙色に脱色した長髪(額にかかる一房は赤く染めている)と琥珀色の瞳を持つ長身の美女で短気直情型の性格。アベルを「我が相棒(トヴァラシュ)よ」と呼び信頼している。またアベルからは「アスト」という通称で呼ばれている。

大量殺人犯の帝国貴族エンドレを追って外(アウター=人類圏)に赴き、補佐としてAxが派遣したアベルと出会う。犯人が親友の仇であったため暴走し大きな被害を出すも、アベルの協力によって逮捕に成功、その後は短命種やアウターに理解を示す様になり、彼等への研究に没頭するあまり、"短生種好き"とまでいわれる様になった。その後使者として帝国に赴いて、強硬派の陰謀に巻き込まれたアベル達を助けて獅子奮迅の活躍をした。

直情径行な性格ですぐに癇癪を爆発させるものの、基本的には善人で思いやりもある。非常に有能な女性。

武器は高温高密度のプラズマを発生させるプラズマジェット生成システムによって、発生させる炎があらゆる物質を切断する"ゲイ・ボルグの槍"。究極の白兵戦兵器としてキエフ侯爵家に伝わる"遺産"。

キエフ侯爵家は、現在のウクライナ共和国の首都を所領とする帝国でも名門の家柄。先代のキエフ侯爵は彼女の母親で、作中では既に他界している。

アニメ終盤ではイオンとともに教皇庁との和平の使者としてローマに赴く。未完の原作において、皇帝暗殺未遂事件の解決後は枢密副司に昇進している。

漫画版での特徴

屋敷の庭にトラを放し飼いにしていたりするなど、全体的にかなり豪快になっている。また、ディートリッヒに操られたラドゥとの戦いで髪が燃えて短くなった。