イタダキマンの孫田空作の声優

イタダキマンの孫田空作の声優は田中真弓です。

  • ※ この声優情報は当サイトの開発中のアニメ情報収集ボット(beta)によって自動的に取得された情報であり、必ずしも正しい声優情報とは限りません。より正確な情報は公式サイト等を確認してください。
  • ※ この情報が誤りである場合は管理者までご連絡ください。

孫田空作について

出典: フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」 (2012/11/19 16:56:15)

別名: 孫田空作(まごた くうさく)/イタダキマン:声 - 田中真弓

生き別れの母を捜す10歳の少年。歴代シリーズ中最年少の主人公であり、シリーズ中最も好戦的で(いずれも2011年現在)、その上粗暴で口が悪いヒーロー。戦闘中は減らず口をのべつまくなしに叩く。「たてまえトリオ」の持つ小猿ロボット「オモンキ」の出す音に反応してイタダキマンに変身する。さらにイタダキマン二段変身でプロテクターを顔以外の全身に身をまとい自身が巨大化して戦う。戦闘は如意棒を使った白兵戦で戦い、これまでのシリーズのようにメカ戦はほとんど行わない。毎回の戦闘ハイライトは、腰に付けたひょうたんから出す「ひょっこりひょうたん玉」。この玉を掌に乗せイタダキマンの息を吹きかけると細かく分裂し、それがゾロメカとなって相手妖怪に襲いかかる。なお、普段は「たてまえトリオ」ではなく二束三文トリオと行動を共にしている。その理由はオチャカ校長の命令で二束三文トリオを監視するためである。サブタイトルの読み上げやアイキャッチコールも担当しているが、サブタイトルの読み上げを主人公がやるのは、意外にもこれがシリーズ初(今まではマスコットキャラやナレーターが担当)。