パンプキン・シザーズのミュゼ・カウプランの声優

パンプキン・シザーズのミュゼ・カウプランの声優は湯屋敦子です。

  • ※ この声優情報は当サイトの開発中のアニメ情報収集ボット(beta)によって自動的に取得された情報であり、必ずしも正しい声優情報とは限りません。より正確な情報は公式サイト等を確認してください。
  • ※ この情報が誤りである場合は管理者までご連絡ください。

ミュゼ・カウプランについて

出典: フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」 (2012/11/19 17:00:10)
声 - 湯屋敦子

カウプラン機関医療開発部の女性主任。公式には軍在籍記録の無いオーランド伍長を陸情3課に推薦した人物。

およそ情というものなどなく、平然と非人道的なことが行える酷薄な性格。カウプランの高弟・医術のカウプランとして「908HTT」の「保護液」を開発するなど「不可視の9番」に関与し、戦後は「不可視の9番」の生き残りであるランデルを「被験者(マルタ)」と呼んで定期的にその生体データを集めている。ランデルが負傷・入院した際には治療・手術も担当していた。

かつては現在のような酷薄な性格ではなく、温厚な性格の持ち主であったが、敬愛するカウプランの頼みを受けて彼の脳組織を自身の脳へ移植し、現在に至る。自分がカウプランその物であることに固執している面が見られる(実際に、カウプランの人格が宿っているかは不明)。ただ、カウプランのことを「些末な人間」であるとも評しており、それ故に涙を流しているのを指摘された際には狂ったように笑い出すなど、カウプランや彼に振り回された自分自身を見下している面もある。