浦安鉄筋家族の西川 のり子の声優

浦安鉄筋家族の西川 のり子の声優は存在しないか、まだ声優情報の取得をしていません。

西川 のり子について

出典: フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」 (2012/11/19 16:40:48)

関西から転校してきた。大阪弁で話し、タフさでは劣るが運動能力の面では小鉄を圧倒している。転校初日に自分を馬鹿にした小鉄と衝突し、そのことが小鉄の髪型を変える遠因となった。小鉄の抑え役の一人になっているが小鉄のライバル的な存在でもある。バレンタインデーには小鉄にチョコ渡したこともあるが恋心ゆえの行動かは不明(本人は「義理やで」と言っていた)。西川家は大沢木家の隣にあり、それも数日で立てたバラック小屋で何度も倒壊している。やんちゃ娘ではあるがしっかり者で思いやりの有る一面も持つ。土井津家ほどではないが、家が貧乏。朝食がアイスだけだったり、新聞やチラシは隣の大沢木家のものを早起きして勝手に見ていたりする。得意教科は体育で、不得意科目は算数。大沢木家の面々では最初に仲良くなったのは桜で、花丸木を苛めている際にも桜の前ではばつの悪そうな表情をしたことも。彼女のおでこには不思議な力が宿っており、体調不良の人の症状や小鉄の馬鹿を治したこともある。また、髪を結ばずあかねから貰ったお古を着ていた時にあかねと間違えられたこともある。このことを利用して、あかねになりすましたこともあったが、結果としては最初のほうは体育で褒められたが、後に散々な目に遭っただけであった。卵料理がご馳走で、納豆が大嫌い。基本的にジャージや体操服でいることが多いが、女の子らしい服装をしていることもある、またあかねからもらった、あかねの古着を着てくることが多い。最近では甚平を着ることもある。作者をして「カンフル剤」と言わしめた存在。

柔道着を着ると運動能力が上がり、小鉄達はおろか、車をも投げ飛ばす怪力が出る。

名前の由来はタレントの西川のりお。『元祖!』での西川のり子

髪型(前髪)が微妙に変わった。柔道着を着ると柔道の達人になる。ラップの芯で耳に息を吹きかけられることを嫌がり、指の骨の鳴る音に嫌悪感を示すなど苦手なものが増えた。涙にティッシュ投げのコーチをした他、涙がサッカーのユニフォームで登校した際には、一目惚れしたかのような描写がなされた。

小鉄への態度は基本的に前作と変わらないが、別人のように元気のない小鉄(実際に別人だった)を心配する(302固め)など、時に親身な対応をするようになった。また小鉄の褒め言葉(「おまえおもしろいぞ」、「カーテンがいい匂い」など)に歓喜・赤面したり、バレンタイン(383固め)に小鉄がノムさんからチョコをもらった際には嫉妬とも見て取れる言動を見せるなど、小鉄への態度が意味深になっている。ちなみに、この話のラスト3コマでは仁の表情も意味深である。作者コメントによると10年に一度のサービスとのこと。