浦安鉄筋家族の梅星 涙の声優

浦安鉄筋家族の梅星 涙の声優は存在しないか、まだ声優情報の取得をしていません。

梅星 涙について

出典: フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」 (2012/11/19 16:40:48)

パ・リーグの千葉ロッテマリーンズの大ファン。年中、Tシャツに半ズボンの元気な野球少年で、Tシャツの「パ」の文字がトレードマーク。野球のことになると性格が変わり、熱血漢になってしまう。ピッチングはプロ以上に上手く、50M離れた自動販売機のコイン挿入口に100円玉を入れられるほど。また、山ごもりの特訓の成果で「梅星玉」という魔球を投げることが出来る。梅星球02(『巨人の星]』の大リーグボール2号のパロディ)、梅星球4号、ティアドロップサンダーといった数々の魔球も投げられるが、そのほとんどが打たれている。また、涙自身気付かずに梅星玉を投げていることも多く散々な目に遭っている。ランドセルの中には常に野球道具を入れており、いつでも野球が出来るようにしている。空き地を整備し自分専用の球場「涙球場」を作ったが、今は空き地にマンションが建ってしまい無くなってしまった。元ロッテオリオンズのリー兄弟(レオン・リー、レロン・リー)の大ファンでサインをもらっている。父、梅星球道と一緒に長屋に住んでいる。サッカーは大嫌いであるが野球同様に天才的に上手く、シュートすると火を噴く必殺技ももっている。また、一回だけTシャツを破いてしまった際に球道にサッカーのユニフォームを着せられ散々な目にあった。スタミナがまったくなく、マラソンが大嫌い。ただし登場初期のころはマラソンを好むシーンがある。素直で礼儀正しく他人に、君、さん付けする。転校して来た直後は自分自身を俺と呼び学校にもほとんどこなかったが、レギュラー扱いになってからは僕と呼ぶようになり、小鉄たちとよく行動をともにするようになった。ノブとは特に仲がよく「ノブしゃん」と呼んでいる。グリーンピースが嫌い。星飛雄馬のパロディ。

『元祖!』での梅星涙

常に小鉄らと行動を共にするようになる。相変わらず熱烈なパリーグ支持者のロッテファンであるが、父がサッカーファンに鞍替えしたため板挟みに陥っている。また手作りの涙球場は、市長に頼み込み球場前にバス停まで作って貰った。しかし、巨大マンションが建てられ閉鎖したが、大沢木家の裏にある空き地が新たな涙球場となった。友達に永遠にキャッチボールをさせることがあるが、小鉄たちからは迷惑がられている。