浦安鉄筋家族の花丸木の声優

浦安鉄筋家族の花丸木の声優は存在しないか、まだ声優情報の取得をしていません。

花丸木について

出典: フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」 (2012/11/19 16:40:48)

大沢木桜のボーイフレンド。身長は桜より低い。様々なアクシデントに巻き込まれていつの間にか裸になっていることが多い。また、そのことに本人が気付かないことが多く、気付いたら気付いたで桜を責めるパターンが多い。しかしファッションセンスだけはかなり高く、私服は星印が付いた物を身につけることが多く、またズボンの下にはパンツを穿かなかったり(時々、下に紙おむつを穿くことがある)、「穴の開いたジーンズを穿く位なら何も穿かない方が良い」などの妙なこだわりを持つ。性格自体は小鉄のグループを除く小学二年生に動き方や口癖を真似されるくらい親しまれたり、足を怪我した松五郎のカンガルーを動物病院に運んだりなど基本的に善良だが、あまりにも常識や知能に事欠け過ぎている上にしばしば桜に対して理不尽に責めたり(『桜ちゃんの〇〇〜』と言うことが多い)するなど、かなり厄介な人物。

上記の性格と気の弱さが災いし小学校時代から空前絶後のいじめられっ子で、現在でも小鉄達にもいじめられており彼らを「ちびっこギャング」「悪魔っ子軍団」などと呼び恐れている。大鉄や桃子などの花丸木を嫌う人物からは、軟弱な性格の上非常識な所と桜とつき合っているため嫌われ、オカマ野郎と呼ばれている。

彼のお尻は何でも挟んでしまう不思議な力をもっており、普段の歩行の際は両手の人差し指を合わせながら体を左右にくねらせながら動く。口癖は「 - らむー」など。最初期の頃の顔はかなり濃い顔だったが性格の変化に合わせるように、童顔になっていった、また顔のデザインが変わった後も残っていたそばかすも連載が進むごとに消えていった。最初期の頃は性格や喋り方は気分の高揚時や肉体的ダメージを受けた時を除いて普通であったものの、大鉄や小鉄に理不尽な暴行を受けたことを桜に抗議した際に逆ギレされてしまった。しかし再登場時、桜が捨てた国会議員のウンコが詰まったゴミ袋を桜が制止しているにも拘わらず見ようとして桜に殴られ、その後も桜の友人・桃子やあかねやのり子をして「赤ん坊がそのまま大人になった」ようなキャラへと変貌した。彼は大鉄と並んで作者が最も気に入っているキャラクターでもある。

『元祖!』での花丸木

一時期、大鉄と仲良くなって大鉄諸共桜にぶっ飛ばされた。金鉄から「らむ君」と呼ばれている。マネキンと間違われたこともあり、自分がショーウィンドウに飾られているのに気付かないなどボケが強力になっている。小鉄軍団を物凄く嫌っていて「デビルキッズ!」と呼んでおり、のり子は勿論のこと、突っ込みなどを除いて彼に対して肉体的暴力はおろか精神的暴力を行わないあかねすらも毛嫌いしている。